読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はぴはぴらきゆ!!

お前には負けない 8人がとるテッペン

大倉担辞めたってよ。

おはようございます!!

春松竹のことも書きたいので頻繁に更新してみようと思います(笑)



さて、タイトルにもあるように「私が大倉担を降りた理由」



答えは簡単です。



"この人なら素敵な未来を見せてくれるはず、だから応援したい"


そう思わせてくれた林真鳥を見つけたからです。



去年の11月から掛け持ちという形で大倉くんとまとくんを応援していたのですが、ついに決断する日が来ました。せっかくなので文字に残しておきたいと思います(笑)



大倉担になって約8年。大倉くんしか見れないタイプのヲタクでした。


もちろんこの人好きだな〜頑張って欲しいな〜なんて思うデビュー組やJr.もいました。でも何となく担当として誰かを応援するのは大倉くんだけでいいかなって思ってて。ずーーっと好きだった。
去年の熱愛報道*1が出るまでは。


今までだったら熱愛報道が出ても、耳を塞ぎたくなるような話が出てきても「またか〜別に気にしないし」って思ってたけど、去年の熱愛報道だけは許せなかった。"否定しておいて何で写真撮られてんの?"って。一気に熱が冷めた感じ。大倉担やってた8年間で初めてだった。


アイドルの熱愛に対して、そこまで不快感を覚えないので、"隠してくれていたらそれでいい"って全てスルーしていました。そういう気配を仕事の場に出さないで欲しい。写真だって撮られてほしくない。世間的に言えば結婚して子供がいたっておかしくない、でもアイドルという仕事をしてるんだったら、上手い具合に隠してほしい。それはファンである自分の願望で欲望かもしれないけど、どうしてもこの熱愛報道だけは許せなかった。今までスルーしてたことも一気に思い出して怒りを通り越して呆れてしまったのです。


エイタメ*2入っても気持ちが戻ることはなかった。それは正直自分でもびっくりしたことです。周りのヲタ友達にも「珍しい」って言われるくらい本当に冷めてしまいました。番組も見ない、雑誌も買わない、エイトの話もほとんどしない。降りるか悩んでるなんて一種の気の迷いだと思ってたし、これからもずっと大倉担名乗るんだとばかり思ってました。でもそうじゃなかった。この時には完全に林真鳥に心奪われてました。


エイトを嫌いになったり、大倉くんを嫌いになって大倉担辞めたわけではないです。寧ろ特定の人物を担当とせずにエイトを見てる方が気楽に応援できています。熱愛報道もエイトに対する否定的な意見*3も何も気にしなくていい。久しぶりに見たジャニ勉も関ジャム*4も面白かった。私にとってはそのくらいが丁度よかったのかもしれない。


8年間長かったけどあっという間だったな〜。エイター始めた頃なんて周りにそんな子少なかったし*5、大倉くんてどれだっけ?って言われるくらいだったのに。今じゃドラマに映画に舞台に出て、レギュラー番組もラジオもあって。新しく決まるお仕事の度に幸せな気分になってたなぁ。間違いなくこの8年間は楽しかった!それだけは言い切れます!(笑)


降りるかどうか本当にずっと悩んでたし、降り先がJr.でいいのかも不安だったけど、今は自分の気持ちを整理できてスッキリした状態でヲタクやれてます︎︎︎✌︎(笑)



ふらふら〜っと大倉担に戻ってるかもしれないし、今後どうなるかは本当にわかりません。でも一旦自分の中で区切りをつけたかったのでこのような感じになりました。



では何故林真鳥に降りたのか。



このお話も長くなりそうなのでまた次回に(笑)

*1:もちろんあのお方

*2:年始一発目

*3:なんかアンチとか増えたよね

*4:クロニクルは放送されない関西地方

*5:田舎に住んでた